• 管理者ページ
  • RSS1.0
  • Atom0.3
  • << 乳の秘密 | TOP | 2ー1.科学者の行方 >>
    減退

    ■減退 この落書き漫画の続きの内容です




     (これも駄目か……。何をやっても駄目だ。
     あの診断書は俺を囲っておくための物だと思っていたが、
     冷凍睡眠の後遺症なのか?)


     ねえっ、



     何?


     何はこっちのセリフだよっ こないだから、何がしたいの一体!
     歴史を調べたらツイスターはゲームだって書いてあったよ!
     しかも、薄着でやるルールなんて書いてなかったし


     正確にいえばナニがしたくても出来ないというような状態でだな……。

     もうっ、ちゃんと答えてよっ。


     ふう……、もうバレたか……。
     そんなに怒ること?


     だって私、シュンリの言うことならなんでも信じちゃうよ。
     この時代の人たちだって、きっとそうだよ。
     だからっ……ほかの人に嘘を教えちゃ駄目なんだよっ!

     ああ



     でもわたしもごめんね。あなたの気持ちをおちょくるような事して。

     なんのこと?


     ダンボールでタイムマシンなんて作ったりして。
     あなたのお兄さんの話、よくよく考えたらちょっと面白い気がしたの。

     そう……。

     これで仲直りだねっ!!!

     (コクコク)

     って、なんでどっかいくのー、これ外してよっ。


     自分で壊せるだろどう考えても

     ダンボールだって貴重な資源なんだよっ。ガムテープ、きれいにはがさないと!

     え。それを再利用する気なのか……?

     そうだよっ。


     ……どうやって? 何に使う? 穴があいてるのに

     そうだよ穴があるよ。あいてるんだよ!

     だからそれじゃ使い物にならないって……

     もう、どうして気づかないの? いいから……剥がして。ゆっくりと


     ……


     ……

    ペリ……

    ペリペリ……

     ンンっ……///

     ……。

     ペリーー

     そ、そこはもっとゆっくりと……。

     ベロロロ……

     ……じれったい

    ベリーーッ

     はぅっ!

     ガパッ

     剥けたな

     ……シュンリ

     ミオ。問題はここからだ。ここからなんだよ

     

    ■朝


     夢か……。夢の中でもうまくいかないとは……。


     (……やっぱりだ。発想からして中学生レベルにまで落ちている。
     何を思いついても意欲がそがれる。俺の身体に何が起こっている……
     そして、これは回復するのだろうか……)




     おはようシュンリ


     な……。

     パン焼けたよ、食べよー。

     ……いや、少し走ってくる

     ランニング?

     ああ、日課だったんだ。


     へー!! すごい!!朝ランだ!!!
     150年ぶりの朝ランだ!!!!
     やっぱり古代人は健康的だなぁ……。
     行ってらっしゃい!

     (やっぱりおちょくられているような気がする……)
     

    ■おしまい
     ※本編とは切り離して考えてください(`・ω・´)
     
    posted by 小説あらすじ |