• 管理者ページ
  • RSS1.0
  • Atom0.3
  • << 2-4 ジラジラ | TOP | つぶやき >>
    突撃インタビュー
     古代人突撃インタビューの時間だよ!

     ・・・・・・。


     シュンリだけじゃ心もとないので、今回は新たな古代人の方に登場してもらいます


    こんにちは。ダナです。4話と7話に登場(予定)です

     よろしくね!さっそく質問〜。この時代って正直不便ですか?


     うん、不便!テレビとインターネットが無い事。あとは交通。
     あちこち町がなくなってて人が減っちゃってるんだなーって


    この時代のことで一番びっくりしたことはなんですか?


     んー、150年経ってたことはびっくりした……。数えればキリがないけど
     まずは免許無しで車やバイクに乗れること。


     大型のバイクも起こせれば乗れるよ。ダナってそういうの好きそう!


    うん。私、大型は起こせるかわかんないけどバイクは好きだったなぁー。
    あ、あと驚いたことといえば拳銃を持つことが普通になっていたこと。
     で、その拳銃には免許が居るってこと。あとは気候かな。



    ね。昔はコーデリテってずっと寒かったんでしょ?


    うん。昔から地球は暖かくなるって言われていたけど150年でそんなになるとは思わなかった。
    ……あ、戦争や自然破壊で一気にこうなったんだっけ。
    そういえば、虫食が主流になった理由はなんとなく理解出来る。
    気持ち悪いって思いはあるけど……。
    あ、あと都市部の景色は大きなタワーが無くなったくらいで雰囲気は同じだった所は今思えばちょっと不思議


    そうなんだー! って

     スヤスヤ・・・・・・



    さっきから静かだと思ったら、寝てたの! 起きてー!

     眠い……。


     もうっ、昔からそうだったの?


     いや、目覚めてからずっとこうだ。急激に落ちる事は無いにせよ、一日を通して眠い。
    何もなかったらずっと眠っていられる自信がある。


    もしや、冷凍睡眠の後遺症? ダナは?


    私も少し眠いよ。彼ほどではないと思うけど……。これを後遺症と呼ぶのなら、私は
    手先の感覚がかなり鈍麻になってるかな。時間がかかるって言われた。だからバイクには
    乗れそうにないよー。


    そ、そうだったんだ……。リハビリ頑張ってね。
    シュンリは……私がずっと話しかけていれば眠くならなくて済むよねっ、それがリハビリになるかな


    いや、要らないからそういうの。口塞ぐぞ


    キャー! 唇で口塞ぐって!!!



    えっ、ええっ?! きゃーー!


    言ってない。
    (やかましいのが増えたな……)


    あ、なんかすごい事気づいた


    えっ、教えてーっ


    ダナレッド ミオグリーン シュンリイエロー


    ピンクとブルー募集中だねっ!


    ねっ!


    (なにが「ねっ!」だよ……全く)


    おしまい




    まだ終わってません!





    おわってないよ!


    どうぞごゆっくり……スタスタ

    う?! な、なんだここは……。謎の行き止まり



    私もミオから色々聞いてあなたに聞きたいことがあるんだ。


    はぁ……


    ねえ、シュンリって本当に普通の会社員だったの?


    医療機器の会社だったよね。


    そんな一介の会社員がなぜあのような凶行を?!


    ゾンビ倒したんですよね。こわい!!!!


    いや、あの時はまだ……施設の中に恋人がまだ残されていると思ってて。
    とりあえず助けに行こうと……。


    ヒューー! 火事場の馬鹿力的な?! だってゾンビの死体
    50体くらいあったって! 正気の沙汰じゃねぇ!!!!!


    いや……それは、この人と協力して。



    うん。鬼のようだった。
    ねえねえ、あの動きは何?あのいっぺんに3体倒したときの技!
    あと、あの絞め技と、壁登ったり飛んだりとか……普通の人間?


    見よう見まねのプロレス技と、パルクールだ



    ねえねえ、それって古代人にしか出来ない技?



    いや、練習すれば……私たちは無理かもな。普通のか弱い乙女だし。



    で、それらを駆使して探しに行ったけど結局恋人さんは居なかった。
    それってふられたの?ふられたの??


    振られましたが何か。
    はい終了!


    はいブッブー! この壁は答えるまで通り抜けられません! 残念!!


    (ダナ、小学生みたい……)


    はいバッキーン! この謎の壁壊れたー! 終了ー!


    (キャラ崩壊〜…)



    えー、ここからが聞きたいのに!!

    おしまい。
    posted by 小説あらすじ |